ハイカット革靴に最適なクツ紐

RED WING

ブランド物とかにあまり興味がないBENです。皆さんはいかがかな?

私が身に着けるものを探す基準は「機能性」が一番であり、気に入ったものなら1,000円だって恥ずかしくない。逆に10万のブランドバックだとしても、求める機能性がなければ私にとっては無用の長物だ。

例えば時計、ロレックスよりカシオの方が機能性は上だろう。自分で買うなら迷わずカシオを選ぶ。

ただし、タダで貰えるというなら躊躇せずロレックスを選択する。当たり前じゃん!ロレックスの方が高いもん。タダなら高い方選んどけば間違いない。だから誰かロレックスください。

さて、そんな中、値段と機能性が合致するのが「革靴」だ。

これは長く履くほどわかる。ちゃんとした革靴はそのヘタレ具合も味わいだ。同時に自分の足に合わせて形がなじむので愛着が湧く。

スポンサーリンク

時計などのアクセサリーと違い、靴は足を守るだけでなく疲れなどにも直結しているので大切な部分なのだ。

てことで、私は革靴は「RED Wing」を履いている。

RED WING

しかし、夏場は暑いので履かないのと、ハイネックのため履きづらく、脱ぎにくいのがネックだった。

寒くなったのでそろそろ履こうと思って下駄箱から出したが、どうにも紐を縛ったりほどいたりするのも面倒に感じるようになっている自分がいた。

そんな時思いついたのが、今はいているスニーカーにも使っている靴紐、「結ばない靴紐 キャタピラン」だ!

                 画像にマウスを合わせると拡大されます            (ツインズ)TWINS キャタピラン(伸縮型靴紐) 75cm

思いついてすぐ行動しちゃったので、空箱の紹介になってしまった。σ(^_^;)

とりあえず、つけていた靴紐をはずし、靴のメンテナンスをすることにした。

ミンクオイル

愛用しているミンクオイル。指を使って塗りこむことでよく革に染み込む。買った当時は薄茶色だった革も今では濃い茶色になっている。これがまた渋くてかっちょよい。

ピュアクリーナーとミンクオイル

ちなみに、ミンクオイルを塗りこむ前に、↑のピュアクリームで表面の汚れを取ることを忘れずに。

泥や水ジミだけでなく、革はカビなども生えやすいのでしっかり落としてあげる必要がある。

さて、メンテが終わったらキャタピランの出番だ。長さは75センチ、ハイネックだが一番上までは縛らないので十分長さは足りる。

特殊な形状でボコボコとしたコブがあるが、材質は柔らかく伸びるので楽に装着できる。

つけ方は好みがあるので正解はないのだが、私の場合、「脱ぎやすく履きやすい」というのがあるのであまりキツクするのはNGだ。

つけた感じ

で、結果として↑な感じ、一つの間隔にコブが2個~3個というイメージ。

これの履き心地は説明しにくいのだが、履いた時にゴム紐のような弾力が適度に足を締め付けるので、普通の靴紐より数倍密着感があるのだ。「ゴム紐なんて脱げやすいんじゃない?」という危惧は不要だ。

飛んだり跳ねたりといったハードな動きはしてないが、日常生活ならとても気分の良い履き心地なのだ。

紐の色「チョコブラウン」は革靴にマッチしていて違和感がない。

履き脱ぎのストレスがかなり軽減されたので、これから履く機会が今まで以上に増えそうだ。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*