世界に誇る、こだわりと遊び心

チタンサイコロ
スポンサードリンク

私ごときが今更語るべくもないのかもしれないが、精密さ緻密さにおいて日本を代表するといってもよい、(株)入曽精密についてちょっと書こうと思う。

私が入曽精密を知ったのは、「チタンサイコロ」が最初だ。そのキャッチコピーが↓

「世界最速のサイコロ 完全版」
限りなく重心が中心にあるサイコロ。精度は、99.99999999%!

アバウトな性格の私としては「いや、もう100%でいいんじゃね?」とか思ってしまうが、設計理論上では完全というのはないのかもしれない。

テレビでも取り上げられたので「あー聞いたことある」と思う人もいるとおもう。そのサイコロを作ったのが「(株)入曽精密」なのだ!

にしても「チタン」て男心をそそる材質だなぁほんと。

その他にも、ボトムズ金の鉄人(ドコモのCMで以前やってたやつ)などを手掛ける精密さを遊び心を併せ持った魅力的な会社なのだ。

株式会社入曽精密

社名 株式会社 入曽精密
事業内容 精密切削加工
三次元形状を含む部品製作
微細加工
精密冶工具設計・製作
精密電子部品製造
代表取締役 斎藤清和
設立 昭和46年11月(平成16年4月株式会社に組織変更)
従業員 14名

【経営理念】
精密切削技術で世界に貢献する。
【経営方針】
最大限の満足を視野に、お客様がイメージした形状を
最新鋭マシニングセンターや3次元CAD/CAMを駆使して
早く正確に造形し提供するため、日々研鑚を続ける。

 

従業員14名の中小企業ながら、世界に誇る技術を持っているって凄い。というか羨ましい。

だって、とことん突き詰める精鋭部隊だろうし、妥協なんて言葉は入曽精密の辞書にはないんじゃなかろか。

入曽精密のプロジェクト

↑来年にはここに「ミレニアム・ファルコン」も掲載されるんだろうな(^▽^)/

てか、予約完了から発売まで4ヶ月以上かかるのと、数量限定という意味がよく分かる。

限られた人数での製作、技術レベルも考えると、それだけ希少なものなのだ。

気になったら上の画像をクリック!

終了間近!数量限定ミレニアム・ファルコン

男のロマン、一生の宝物にできそうだ。

スポンサードリンク
チタンサイコロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です