デアゴスティーニ、ミレニアムファルコン・第4便

4号と5号
スポンサードリンク

デアゴスティーニ、ミレニアム・ファルコン第4便が届きました。

今回は4号と5号です。しかし、今回はまだ2個買い用のファルコンを購入できていません。

そのうえ、1~3号までと違い、透明ビニールで全体をパッケージされているため外から中身を確認できなくなっています。

予備パッケージを購入する前に開封するのに躊躇してしまいますが、覚悟を決めて開封しましょう。

よく見ると4号と5号、厚みが違いますね。

4号と5号

封入されるパーツでサイズが変わるということですね。ということは保管用パッケージの場所確保も不確定要素を含んだということです。

まぁ先のこと考えてもしかたがないので、まず第4号から開封です。

ペリペリとビニール包装を破ると、いきなりパッケージが分解しました!

まずは4号

なるほど、今まではパッケージにホッチキスで固定してあった封入マガジン、これからは固定されずパーツを隠す蓋としてビニールパッケージに包まれるという形になるようです。

こんな感じ

裏から見るとこんな感じ、マガジンをよけるとパーツが出てきます。

あれ?

中国製

中国製ですね。

バインダーはイタリー製

前回購入したバインダーはイタリー製でしたが、模型などの大量生産にはやはり中国製が主流のようですね。

第4号のパーツ

第4号のパーツです。鉄製の外殻フレームと、コクピットの前部に取り付ける基部パネルです。

第4号パーツ

  1. コクピット基部パネル
  2. 外殻フレーム(TF-5)
  3. 外殻フレーム(TF-6)
  4. 2.0×3mmビス(10+予備1)
  5. 4穴コネクタ×2
  6. 1.7×3mmタッピングビス(8+予備1)

外殻フレームなどはもう少し数がたまってから一気に作りたいと思うので、今回は開封しないことにしました。細かいビスも入っていますしね。

ということで、第5号を開封することにします。

第5号

透明ビニールをはがします。構造は第4号と同じですね。

裏返します。

裏面

中身は直接見ることができませんが、裏をみると封入物が何かの説明がありますね。

開封!

じゃん、コクピットと本体を繋ぐ連結チューブです。

他にも何点か入っていますね。

第5号内容物

5号パーツ

  1. コクピット照明パネル
  2. 1.7×3mmタッピングビス(1+予備1)
  3. コクピット前部計器パネル(左)
  4. コクピット前部計器パネル(右)
  5. 連絡チューブ(下)
  6. 連絡チューブ(上)LED保護ステッカー×2

来ましたね、電子機器!

コクピット照明パネル

LED○○と刻印されている黄色い部分が光るようですね。

取り付け方法は・・・・

LED取り付け

なるほど、背面パネル部分のライトアップですね。

んーと・・・

同封されているコクピット前部計器パネルの部分はと・・・

前部計器パネル

ああなるほど、このように取り付けるわけですね。

マジで言ってる?

このサイズで、光るのは背面の隔壁パネルだけとな?

んーーー

どうせならコクピット部分も側面計器部分も光らせたいよね。

せっかくのこのサイズ、ここで妥協してしまうのは勿体ないなぁ・・・

連絡チューブ

配線をするためのスペースは見る限り十分ありそうだ。

ちょっとコクピットディテールアップの方法を模索しなければ・・・

次の記事を読む

前の記事を読む

スポンサードリンク
4号と5号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です