中年が肉体改造と同時に気を付けるべきこと

スポンサードリンク

若いころと同じ生活をしてるのに、中年になるとなぜか太ってしまうと悩んでいる人は多いはずだ。

男の場合、太り方は大きく分けて2つだと思う。

  • 身体全体に脂肪がつく「肥満型」
  • 腹回りだけぽっこりとなる「ビール腹型」

食べても太らないとか、何もしてないけど太らないとか言う奴らは敵なので排除人たちは除外する。

私は完全なる「肥満型」で全身にまんべんなく脂肪がついているうえ腹の肉が掴めないぐらいの固太り。

しかし不思議なもので同じ「肥満型」でも脂肪の付き方に違いがあり、私より体重が少ないのに私より太って見える人もいる。

このあたりは内臓脂肪や皮下脂肪、生活習慣によって身体の使う部位が違うことが関係しているのかもしれない。

さて、このブログでも何度かダイエット宣言をしているが、まぁ予想通りというかなんというか、去年の夏の時点より確実に体重が増加している。

しかし、懲りずに春に向けて再度ダイエットを行うことを決意したのが昨日。

早速「加圧トレーニング」を始めたのだが、筋肉増強だけでなく中年の私は同時にやるべきこと(気を付けること?)がある。

それは「血管年齢」を若返らすことだ。

血管年齢とはなにか

ご存知の方も多いと思うが、血管年齢とは書いたままで血管の年齢である。

この血管年齢、加齢だけでなく別の要因でも老化していくことがわかっている。

  1. 塩分や糖分、炭水化物の摂りすぎなどの偏食
  2. 喫煙
  3. 飲酒
  4. 運動不足

「塩分・糖分・炭水化物の摂りすぎ!」ガ━(;゚д゚)━ン!!

タバコは十年ほど前に辞めたし、飲酒も普段は飲まないので問題ないが、食生活と運動不足に関しては完全にアウトだ。

特に食に関しては制御できておらず、お菓子やチョコ、菓子パンなどの誘惑にことごとく負けてしまう。なので「食べないダイエット」を基礎にすると確実にその計画は破たんしてしまう。

しかし同じような過ちを繰り返してしまうのは「痩せる=食べない」という短絡的な思考が根付いているからに他ならない。

今回は食事制限ではなく「運動不足で落ちてしまった筋力をトレーニングによって増強することで代謝をよくする」という大変健康的かつハードルの高い(私にとっては)ダイエットを目指すことにした。

筋トレや運動を継続できれば見た目も変わるし、それによるモチベーションアップも期待できる。特に「加圧トレーニング」は短時間で効果的なトレーニングができる(かなりきついけど)のでまずは3か月継続を目標にしようと思う。

3カ月というのは長いスパンだけど、週2回と考えると月約8回、3か月で24回程度だ。

毎日ブログ更新を継続できている現在であれば何とかクリアできるような気がする。というかしなければいけないヽ(;´Д`)ノ

しかしここで「加圧トレーニング」と血管年齢の密接な関係を意識する必要がでてくるのだ。「加圧トレーニング」は血流を止めることで軽い負荷でも筋肉に負担がかかるようにするもので、当然血管にもかなり負担がかかる。

特に血管が老化していると弾力がなくなり加圧した際の圧力により破損したり、欠損が血栓などの塊になりトレーニング終了後に加圧を緩めたときにその血栓が脳に行ってしまうと脳梗塞などになる可能性も否定できないのだ。

健康になるために行った行為が逆にマイナスに作用したら目も当てられない。

ということで、まずは塩分の摂りすぎを抑え、甘いものも極力控える努力をしようと思う。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です