私がWordPressテーマを「Xeory BACE」から「STORK」に乗り換えた理由

stork
スポンサードリンク

私がブログを始めたのは2年前

最初はバズ部の秀逸無料テンプレート「Xeory Bace」を使用。

「SEOに特化+シンプルなデザイン」てことで2年使い続けていました。

しかし、以下のようなストレスがボディブローのように蓄積されていたのです。

多分「Xeory Bace」を現在使っている人も同じ悩みを抱えてるんじゃないでしょうか?

  1. デザインカスタマイズの難易度高し。
  2. 文章に変化をつけたいとき結構面倒
  3. レスポンシブ対応だが、広告貼り付けに難あり
  4. 過去記事が埋もれてしまう。
  5. 記事間の導線に難あり(プラグインで対応)
  6. シンプルなデザインに飽きた
  7. まとめ

「Xeory BACE」は無料のテーマとしては秀逸ですが、やはりそこは無料。限界があります。

そこで私は「有料」でもよいのでもう少し使い勝手の良いテンプレートを探そうと決意したのです。

折角なら楽しみながら継続したいものですよね。

ただし、今回の記事は以下のような人には向いてません。

  • WordPressのテンプレートにお金を払いたくない人
  • ソースをいじってカスタムすることが好きな人
  • いつまでブログ続けるかわかんないから現状維持でいい人

私の場合、今後もブログを続けるために有料でもいいので、もっと手軽にやりたいことが実現できるテンプレートが欲しいと思ったわけです。

そこで色々と新しいテンプレートを比較しました。

そしてたどり着いたテーマがこれ!

「STORK」です。


先ほどの私が抱えていた問題点がどのように解決されているかを比較しながら見ていきましょう。

1.デザインカスタマイズの難易度高し。

XeoryBACEの場合、タイトルを画像にすることもデフォルトではできませんでした。

ロゴやTOP画像、一覧表示の変更などはソースをいじる必要があり難易度は高いです。

しかし「STORK」はロゴやTOPヘッダーイメージが簡単に追加できます。

また、記事一覧のレイアウトも

  • シンプル
  • カード型
  • マガジン型
  • ビック表示

の4つからボタン一つで選択できます。

2.文章に変化をつけたいとき結構面倒

これが結構ポイント高い機能です。

「STORK」には様々なショートコードが容易されており、簡単に文章に変化を使ることができます。

BATBEN
例えばこんな感じ、今までは「Speech bubble (ふきだしプラグイン)」というのを使ってたんだよね
トルーパ
でもそれもコード書くのが面倒であんまり使わなかったよね。
BATBEN
そうそう、でも今回は「AddQuicktag」ってプラグインで簡単にコードを書き出せるから使いまくれるぜ(^▽^)/

この辺り、有益なブラグインや相性が悪いプラグインなど公式サイトで教えてくれるのでとっても助かります。

3.レスポンシブ対応だが広告貼り付けに難あり

これもかなりポイント高いです。

「STORK」は最初から「広告」用のウィジェットが用意されています。それもPC用とスマホ用

その上、ショートコードでカラム設定も簡単にできるので、エンドユーザーの環境に合わせた表示が簡単に設定できます。

これにより、今まではソースをいじらなければ再現できなかった

「PCの場合、記事下の広告はダブルレクタングル」

「スマホの場合、広告はシングル」

という表示が簡単にできるようになりました。

4.過去記事が埋もれてしまう。

2017年8月4日現在、このサイトは435記事公開していますが、時系列とアクセス数による順位表示以外は「自分の意志」で読んでもらいたい記事を目に付くところに置くことが簡単にできませんでした(リンク貼るとかは別)

しかし、「STORK」はTOPページタイトル下に「pickup」記事として読んでもらいたい記事を簡単に出せるようになっています。

基本、WordPressのソースを触れば表現できることは沢山ありますが、あくまで簡単に効果的な表現ができることが望ましいわけです。

5.記事間の導線に難あり(プラグインで対応)

「XeoryBACE」の場合、関連記事の一覧表示をさせるのにプラグインが必要でした。

しかし「STORK」はデフォルトで関連記事一覧がされます。

また文中に関連記事をリンクする際も私はプラグインの「Pz-LinkCard」などを使って表示させていました。

でも「STORK」は簡単なショートコードで以下のような表示ができます。

WordPressの投稿一覧の表示数を変更する方法

2016.04.02

関連記事は直帰率を下げる方法としても有益なので自然に見せれるのは嬉しいですね。

6.シンプルなデザインに飽きた

ブログ開始当初は記事を書く事ばかりに気を取られていますが、ある程度続けるとデザインに飽きてきます。

私の場合、去年1年毎日更新を行い、次の1年は息切れしてしまいました。要因は色々ありますが、理由の一つとしてデザインに飽きたというのもあります。

7.まとめ


有料で優れたWordPressのテンプレートは数限りなくあります。

その中でも「STORK」は価格が10,800円と他の有料テンプレートより高いと思います。

その上、1サイトにしか使用できません。なので複数サイトを運用したいアフィリエイターなどには向いていない側面もあります。

ただ、ブログを楽しみながら継続するという視点に立つと、よく練られています。

まだまだ初期設定も途中の段階ですが、シンプルかつよく出来ていると感動すら覚えます。

私のような時間経過が激しい中年ブロガーにはオススメのテンプレートです。

スポンサードリンク
stork

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です