ジェシカ・アルバ主演のINTO the BLUEレビュー

Jessica Alba

ジェシカ・アルバがかわいいのだ。

敬虔なカトリック教徒らしいが、アメリカでは「最もセクシーな女性」の上位に位置し、セッ クスシンボルとして扱われているらしい。

もう10年も前の映画になるが、彼女の魅力を存分に楽しめる映画が「INTO THE BLUE」だ。

常夏の国、カリブ海を舞台にした物語で、ジェシカは劇中、見事なプロポーションを惜しげも無く出している。しかし、プロポーションもさることながら、あのピュアな表情が素晴らしい。

続きを読む

サボテンを食べる我が家の愛犬

マロンとショコラ

私はミニチュアダックスを2匹飼っている。

ブラックタンのマロンはオスで今年10歳、クリームのショコラは今メスで年9歳だ。

実際は、マロンは去勢してるのでオカマになるのかな?

そんなマロンは食い意地も張っていて、小さい頃から食べ物に関しての事件を数多く起こしているのだが、昨日、また新たな事件を起こしたのである。

続きを読む

めざまし占いとめざましジャンケンの貢献度

めざましテレビ

占いは「好き」か「嫌いか」と問われれば、好きな方だ。

平日の朝はフジテレビの「めざましうらない」を欠かさず見る。

人間を産まれた月で強引に12種類に分けて、十把一絡げで運勢を決めてしまうアレだ。

その上、その中で運勢の順位を決めてしまうのだ。乱暴である。そもそも運勢の順位ってなんなんだろう?

続きを読む

自己分析と他人の評価

自己分析と他人の評価

「私って○○な性格だから」とかいう人がいる。

「あ~確かにそうかも」と納得する時と、「そうかな?」と疑問に思う時がある。
これは外的な要素と、内的な要素の違いではないかと思う。

・外的な要素というのは、その人の外見や行動に起因するイメージ
・内的な要素というのは、その人の考えや行動に至るプロセス

当然、他人は内的要素などわかりようもないので、その人の外見や行動を見てその人を評価する。

続きを読む

デスクヒーター構造的問題との闘い

デスクの構造的問題

昨日、アマゾンでポチっとした、デスクヒーターが届いた!

てか、商品の箱に直接送付シール貼って送られてきた。何を買ったか丸わかりである。

商品パッケージに送付シール

「これがアマゾンのやり方か!」

しかし、デスクヒーターで良かった。もしアダルトグッズ買った時にこんなことされたら近所中の話題の中心になれそうである。それ以前に妻に家族裁判を起こされる方が恐怖である。

アマゾンでアダルトグッズは買わないようにしよう。

続きを読む

冬のデスク作業を快適にする方法

デスクヒーター

さて、先日冬に向けてのデスク周り対策を練ると書いた。

あれから早速、アマゾンで要望に沿う商品がないか探してみた。

その中でこれはと思ったのは2点。

・アイリスオーヤマ デスクヒーター ブラウン DEH-45-T 6,029円

・パル・サーモ 遠赤外線デスクパネルヒーター DPH-50A 7,980円

どちらの製品も、デスクの下にマグネットで貼りつけるだけという商品。

しかし、大きな違いが3点あった。

続きを読む

寒くなってから慌てないための冬準備

夏の代名詞、入道雲

夏と冬、どっちが好きかと問われたら、即効で「夏」と答える。

だって、寒いの嫌いだもん。

冬の空より、夏の空が好き、入道雲大好き。

南国に住む人達は、おおらかで開放的、そして細かい事を気にしない人が多いと思うのは間違いだろうか?

暑ければ、薄着になればいいわけで、薄着になれば当然開放的になる?

続きを読む

背水の陣ダイエット3日目

中年ダイエット、背水の陣

背水の陣として始めたダイエット、本日3日目

はやくもリバウンド(^_^;)

というか、昨日の夕食を食べる前にWiiフィットで測った時は、前日から0.7キロ減とでていた。

90.3キロと言うことだ。その結果を維持するために夕飯を食べなきゃ良かったのに、こういう日に限って飲む事を勧められてしまう。

普段、私はアルコールを飲まない。決して弱い方ではない、むしろ強い方だろう。かなりの量を飲んだ翌朝も、悪い酒(俗に言う安い酒とかちゃんぽん)でない限り、ほとんど残らない。朝食にカップラーメンを食べれば大体クリアだ。

飲むこと自体も嫌いではないが、晩酌する理由がないので普段飲まないのである。

なのに、昨日は飲んでしまった。それもビール。

続きを読む

「のりりん」でロードバイク愛が再熱

のりりん

弱虫ペダルという漫画がある。舞台化やアニメ化もされ、コンビニコラボなどもして最近大人気だ。

実際、私もずっと愛読していた。

だが、26巻ぐらいまでで読むのが止まってしまった。

理由は「ありえね~」と思ってしまったから(^_^;)
これは、ヘタレな私の実力と比べると言う間違った視点なのだろうが、ロードバイクで何かのトラブルで前走者との距離が開いてしまった場合、実力差がない限り追いつくのは難しい。実力が僅差であれば尚更だ。

でも弱虫ペダルでは追いついてしまうのである。

続きを読む