高熱に驚きのアイスノンシート効果

高熱苦しい

昨日、体調悪化とともにあがり始めた熱は結局39.3度まで上昇しました。

死ぬかと思いました。

解熱剤を飲むも熱は下がらず起き上がる事すらままならない状態。

食欲もないが薬を飲みたいのでプリンだけ食べ服薬。

2時間後、熱を測るもまったく下がってない。

いよいよ救急病院に行くことも頭の隅に浮かび始めた時、妻が「冷えピタ貼ってみる?」と聞いてきた。

スポンサーリンク

「だいぶん前に買ったやつだけど・・・」と持ってきたのは「冷えピタ」ではなく「アイスノンシート」

冷えピタならぬアイスノンシート

今まであまり意識したことなかったけど、ジェルタイプの熱吸収シートって色々あるんですね。

あと「熱さまシート」というのもありますよね。

それぞれに効果の違いがあるかどうかはわかりませんが、とりあえず藁をも掴む思いで貼ってみました。

貼った部分はおでこではなく腋の下。

ここには太い動脈が通ってるそうで熱が出た時はここを冷やすといいという事。

ただ厄介なのは貼るとき。

ただでさえ腋の下は弱い部分なのに熱が出て体全体が過敏になっているときに冷たいジェルを肌に貼るのはかなりの試練。

妻に貼ってもらったが恥ずかしいほどの悲鳴を上げてしまった。

それも2度。右側と左側(´;ω;`)ウッ…

でもアイスノンシートを貼って数分後、身体が楽になったような気がします。

気が付くと呼吸も楽になってます。

熱を測ると38.6度、下がってます。

アイスノンシートすげー!

この即効性は素晴らしいです。

その後、順調に熱は下がってなんとか平熱に戻りました。

一応大事をとって本日も布団でゴロゴロ。

久々に1日以上寝ていたので身体中がギシギシいってますが何とか明日には復活できそう、。

ちゃんとした使い方をするとなんでも有効なんですねぇ

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*