ダンボールファルコン制作(基礎設計)

見えてきた!
スポンサードリンク

飽き性、適当、それなりにが当てはまるBENです。

血液型O型ですしね(*´∇`*)

さて、本日も引き続きダンボールファルコン制作です。

立体物なので、まず設計図おこすべきかな?とも思いますが、そんな時間はありませんし、綿密に机上の設計するより、まずはやってみることにしましょう!

この辺りもO型とか言われちゃうんでしょうか?

さて、まず最初に昨日印刷した図面で必要な部分だけを切り取ります。

図面切り取り

まずはフロント部分、今回必要なのは大まかな形とサイズなので、ざっくりと切っていきます。

ざっくりと切る

こんな感じ。かなり実線より余裕をもって切っています。

同様にすべてのパーツをざっくり切っていきます。

パーツを重ねてみる

切り分けたパーツ同士を繋げてみます。バッチリですね。

余分な部分を切るときに注意するのは、切り分けたパーツ同士が繋げられるよう、重なる同じ部分を切らずに残すことです。

そうしないと、パーツ同士の関連性がわからなくなってしまいます。

フロント部分の設計と組み立て

さて、ではパーツ制作に入りましょう。まずはフロント部分から。

フロント部分の設計

この部分は独立しているのと、形も直線的でファルコンの中では一番簡単な部分です。

極力組み立てるパーツを少なくしたいので、ダンボール1枚で済むように考えます。

基本、その場で試行錯誤しながらの作業になりますが、ダンボールは変形に関してかなり融通が利きそうなので助かります。

また、図面は上面部しかないので、側面部の厚みに関しては自分で調べる必要があります。

私の場合、「とりあえず作る」を優先するので、感覚で押していきます。

パーツ完成

大体の予想で側面部の厚みを3センチと想定して展開図を考えました。

さて、ここで自慢するほどでもないですが、ちょっとした小技を使った設計にしました。

それがここ!

折り込み部分

テトリスのピースみたいな形してますが、これがどうなるかというと

折り曲げるとわかる。

わかります?ダンボールは厚みがあるので、重なる部分があると、その部分だけ厚みがでてしまいます。

そこで、折り込まれるダンボールの余白部分を切り裂いて重ならないようにしてあるわけです。

完成図

ほら、厚みがでないのできっちり入ってますね(*^▽^*)、自慢するほどのことでもないかもしれませんが・・・(T□T)

左右対称で2個作る

左右対称で2個作りました。一つ目のパーツができたら2個目はダンボールにトレースすれば簡単にできます。

私はトレースしたダンボールの折り方を左右で逆にしています。接合部分が同じ向きになります。

説明ムズイなヽ(;´Д`)ノ

完成物に図面を重ねる

完成したパーツに図面を重ねてみます。とりあえず十分な出来でしょう。

厚みも3センチで行けそうです。

本体部分の設計と組み立て

ファルコンを作るにあたり、一番難しいのは丸みがある本体部分でしょう。

実際、ファルコンは側面部分だけ見ると薄く見えますが、センターに向けて厚みがあるので、実は本体の厚みが結構あります。

横から見るとスリムな馬が、正面から見ると結構横幅があるのに似ています。(持論)

本体の厚みをどう出すか

問題は、ある程度の強度を保持しながら、できるだけ少ないパーツでファルコンの厚みを表現することだ。

悩んでていても仕方ないので、とりあえずダンボールを切ることにする。

パーツを合わせてサイズを出す

ダンボールの上にパーツを並べて、切り取るサイズを調べる。

ざっくりと切った感じがこれ

大体大きさはOK

スリットを入れて円錐のようにする事も考えたが、上面と下面をどう接合するかが悩みどころだ。

しばらく考えたが、まず骨組みを作ることにした。

ファルコンの横幅

まず、図面を重ねてクワッドレーザー部分のサイズを明確にする。

まずは前面から後面に対しての骨組みを作る。

縦方向の骨組み

全長を合わせるのと、一番厚みがある部分を何センチにするかが問題だが、今回は側面部分を3センチとしたので、まずは5倍の15センチを全高とすることにした。

全高部分はクワッドレーザー部分なので、以下のような形が骨組みとなる。

側面設計

ちょっと厚みがありすぎるとおもったので、微調整して切り取る。

骨組み1

骨組み1完成。2枚あるのは左右でバランスをとるため。

また、上下で微妙に幅を変えてたりする。こだわりだな。うん(*^▽^*)

次は横幅の骨組み。

図面から横幅を出す

図面から横幅を出す。頭の中ではファルコンのディテールを考えながらグルグル考え巡ってるが言葉にするのは難しい。

とりあえず試行錯誤の中で変更と修正、やり直しをしていくしかない。

横幅骨組み完成

横用骨組み完成。これを縦用骨組みと組み合わせていく。




ダンボールを組み合わせるにはスリットを作るのが一番だ。

はめ込みようスリット

サクサクって頭の中で考えながら4枚にスリットを入れた。

スリットを入れた骨組み

さ、組んでみよう。と思ったら。スリットの入れる方向間違えてた。(ノд-。*)

作り直し

一枚作り直すことになったが、ダンボールは簡単でよろしい。

骨組み完成

骨組み完成。

組んでみると厚みありすぎるな(-_-;)

この辺りは組んだ状況で見た目重視での修正になる。

とりあえず装甲プレート

とりあえず、形が見えないことには修正もできないので、まず本体部分を作ることにする。

図面に合わせて段ボールを切り取ったあと、クワッドレーザーの部分から外側に向けて物差しを使って数か所に折り目を入れる。

これでファルコンの湾曲部分を作るわけ。上下2枚作る。

エンジン部分のパーツも作る

エンジン部分のパーツも作る。エンジン部分はもう一枚重ねることになるが、まずは基礎部分を作る(上下2枚)

切り取った本体部分を骨組みに重ねてみる。折り目を入れてあるので丸みがでている(*^▽^*)

重ねる本体

なんとなく形が見えてきた(*^▽^*)

ここに最初に作ったフロント部分をつけてみると。

見えてきた!

見えてきた!ダンボールファルコン

大体ここまでは想定通りに来ている。あとは必要なのは

・側面部分のパーツ
・コクピット
・エンジン部分
・クワッドレーザー部分
・側面部分
・アンテナか

まだまだじゃん!!

次の記事を読む

前の記事を読む

 

■ダンボールファルコン製作を時系列でみてみる。

スポンサードリンク
見えてきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です