飼い犬は飼い主に似る?我が家の中年犬

マロンとショコラ
スポンサードリンク

ペットは飼い主に似るという。

それは性格なのか、見た目なのか?

以前テレビで「ペットが飼い主に似るのではなく、購入した時に自分に似たペットを選ぶから」みたいな番組をやっていた。

本当だろうか?

世間は広いので、そういう理由でペットを選んでいる人がいる事は否定しないし、事実いると思う。しかし、それがさも正論のように語るのはテレビのエゴだろうと思う。

所詮、テレビ番組は「結論ありき」で制作されている事が多いので、自分たちの都合のよい結果しか取り扱わないし、それが手に入らなければ「ヤラセ」だっていとわない(でなければ多くのヤラセ問題はおきないわけだし)

自分の愛犬で考えてみた。

我が家にはミニチュアダックスフンドが2匹いる。

・ブラックタンのオス、マロン

トイレシートの上で佇む犬

・クリームのメス、ショコラ

賢く狡猾に見える犬

うーん。。。どうみても見た目は飼い主には似ていない。

では、性格はどうか?

マロン:臆病でいつもハラペコ、子供の時コンセント食べて大変だった男、病気になりやすい?

ショコラ:ほふく前進かと思うぐらい低い姿勢で人の懐に入り込む。妻や娘に言わせると「人間なら同性に嫌われる女」

うーん、、、似ているのはいつもハラペコの所か?
正直な所、自分からみると似ているところは無いように思える。ショコラも我が家の女性達とは性格が違う。

そんな、彼らも我が家に来てもう少しで10年になる。

正確にはマロンが10年、ショコラが9年

犬の年齢を人間の年齢に換算した場合、10歳の小型犬だと56歳、9歳だと52歳
おっさんである。私より年上のおっさんとおばちゃんというわけだ。

結論

似ていようが似ていまいが、かわいい事には変わりない。健康で長生きさえしてくれればいいかな(*^▽^*)

スポンサードリンク
マロンとショコラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です