LINEスタンプ制作:まずは描け、すべてはそれからだ

すべてがめんどうザラス

さて、LINEスタンプ制作です。

今回はいつも行き当たりばったりな(よく言えば直感的な)動きをするわたしにしては珍しく「必須ジャンル」などを調べました。

ここからまずは40種類のスタンプイメージを考えてからイラスト製作にはいるべきでしょう。

でもね、40種類とか一気に考えるの面倒なのでとりあえず描いてみよう!

スポンサーリンク




わたしは複数の描画ソフトを持っています。

まずは「CLIP STUDIO PAINT EX」こちらは30日間全機能が使用可能な無料体験版があるので一度使ってみることをオススメします。

と言っても多機能すぎてわたしは多分1割ほどの機能も使ってないような気がします。

もう一つが「SAI」です。書店に行くと指南書が結構あります。ライセンス料も5,400円と機能を考えると安いのではないでしょうか。

現在、SAI Ver.2 no開発版が無料でダウンロードできますね(2016/7/12現在)、ただしコンピューター初心者は使わないでほしいと注釈があるので利用する場合は自己責任で(^_^;)

言わずと知れたAdobeシリーズ。PhotoShopとイラストレーターがあります。まだCS2の無償ダウンロードはやってるのかな?

その他「GIMP」というフリーソフトもあります。機能はPhotoShopとイラストレーターを足して2で割った感じ?

わたしはインターフェイスが馴染めなくて使っていません。

今回は「CLIP STUDIO PAINT EX」で描いてみることにしまう。

「CLIP STUDIO PAINT EX」で描いてみる。

LINEスタンプの指定サイズは370ピクセル×320ピクセル

画像解像度は72ですが、大きめに作画して後で縮小する方法でもよいと思います。

作画してみる

一応、本番対応でも行けるように指定サイズで描いてみましょう。

で、できたのがコレ。

ん?

タイトル「ん?」、「あ”?」っというセリフでもよいかな。

で、続けて2枚目

すべてがめんどうザラス

タイトル「すべてがめんどうザラス」

どちらもネガティブなスタンプだな(^_^;)

えーと、スタンプに必須なジャンルは

  • 「あいさつ系」おはよう、おやすみ、さよなら、ありがとうなど
  • 「感情系(使い道を限定しない系)」喜び、悲しみ、楽しい、驚きなど
  • 「返事系」OK、ダメ、わかりましたなど
  • 「アクション系」無言、覗く、叫ぶ、走るなど

今の2枚は「感情系」になるかなぁ「ん?」のほうは「アクション系」ともいえる。

にしても無難なスタンプだなオイ。

こういう時に真面目な性格が出ちゃうから困ってしまう。

スポンサーリンク

もう少し弾けたスタンプなんかないかなぁ~。

前の記事を読む

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*