【ポケモンGO】レイドバトル、新感覚の一体感

IMG_6125
スポンサードリンク

ポケモンGOに新たに追加された「レイドバトル」

伝説ポケモンが投入されると同時に「レイドバトル」を楽しむユーザーも増えてきました。

しかし、アラフィフおやじとしては「ポケモンGO」で遊んでる姿を人に見られたくないという心理が働きます。

なので、「レイドバトル」も他のポケモンマスターたちに見られないように隠れながら参加していました。

レイドバトルの場所まで車で移動、車中でバトル

基本のプレイスタイルは以下の通り

  1. 複数のジムが確認できる場所に車で移動
  2. レイドバトルの有無+出現モンスターの確認
  3. 欲しいモンスターが出現していた場合、ジムまで車で移動
  4. ジム近辺に駐車し、車に乗ったままバトル参加

レイドバトル探しの時は、モンスターのゲットもポケストップでのアイテムゲットなどはせず、ジム移動オンリーです。

ポケモンマスターたちの年齢層

しかし今日、ジムの位置が微妙でどうしても近づかなければ「バトル」できない場所で伝説ポケモン サンダーが出現しました。

仕方なく車から離れ「バトル」できる場所まで移動することに、そこに集まっていたのは15人程度。

年齢層もバラバラです。

1人で来てる中年、親子連れ、2~3人で来てる中学生や20代の青年、色々です。

ポケモンGOは中年男性しかやっていないというリサーチは信ぴょう性が疑われる状況です。

レイドバトルで繋がるポケモンマスターたちの一体感

私が到着した時には、すでにバトルは終了しており、和やかな空気が流れています。

淡い期待を込めてバトルに参加してみましたが、私含めて二人しか参加者がいません。

2人でサンダーと戦っても100%勝てないのでバトルはキャンセル。

しかし、そこでバトルを終えた他人同士のポケモンマスター達の動きに驚きました。

絶対に接点がないであろう人達(偏見ではなく年代層や容姿から推察)が情報交換をしています。

レイドバトル用に連絡先の交換?

それどころか、30代の男が親子連れ(母、娘)と何やら連絡先の交換をしています。

主婦「これからよろしくお願いします。」

30代男「はい、何かあったらここにみんな書込みますから」

そんなやり取りが、あちらこちらでチラホラと聞こえてきます。

LINE交換してんの?マジで?

来たばかりでバトルにも参加していない私は、その輪に入ることはできませんでしたが何か新しいネットワークができつつあるようです。

自転車で駆け寄ってくる、おじさんポケモンマスター

一通り情報交換を終えたポケモンマスターがそれぞれの帰途につこうとしたとき、急ぎ早に自転車で駆け寄ってくるおじさんが!

開口一番「向こうにメリープが出たよ!」

「おお!」と声を上げ、誘導された方に集団で移動を始めるポケモンマスター達。

リアル世界では絶対接点がないであろう人達が、「ポケモンGO」を通じて繋がった瞬間を垣間見ました。

新たな「レイドバトル」そして共感

その後、また「レイドバトル」探しです。

無償提供されるレイドパスは1日1つですが、前日プレイしていなければ1日2回はレイドバトルに参加できます。

いつも通り、車で移動し車中でバトル参加。

伝説ポケモンではないが、欲しかったモンスター「バンギラス」。

周りに人の気配はしないが、参加者は私含め3名します。

多分、私同様車の中でプレイしているのでしょう。

IMG_6123

結局3人でバトル開始。あえなくタイムオーバーで撃沈。

その時、高校生らしき3人組がスマホ片手に登場、「100%ポケモンGOやってる感」出してます。

再度バトルに参加すると、参加人数が6人。まさにその高校生たちです。

バトル1回戦、あえなくタイムオーバー

バトル2戦目、同じメンツ6名でなんとかバトルに勝つことができました。

ポケモンGOだけで繋がる笑顔

なんとかバンギラスをゲットし、車を発進させたとき、高校生3人と目が合いました。

高校生たちは頭を下げ、携帯画面をこちらに向けてピースサインしてきます。

高校生たちも私がレイドバトルで一緒に戦ったポケモンマスターと認識していたようです。

私は「グッ」と親指を立てお互いが勝利を喜びました。

一瞬の出会いでしたが「ポケモンGO」だからこそ味わえる一体感を感じ、少し感動してしまったのでした。

スポンサードリンク
IMG_6125

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です