ねぇムーミン、こっちむいて

moomin
スポンサードリンク

最近、ムーミンが人気なのだろうか?

小物雑貨屋などにふらっと立ち寄ると、ムーミンコーナーまである。

しかし、そこにいるスナフキンは、私が子供の頃に憧れたスラッとした背格好ではなく、子供体型になったスナフキンだ。

わたしの慣れ親しんだムーミンは、声が岸田今日子、今の若い人は名前すら知らないだろう。
日本テレビで放送していた「傷だらけの天使」というドラマで探偵社の女社長をやってた人だ。余計わからないか(-_-;)

当時、「ムーミンという生き物がなんなのか」という部分は欠落していて、普通にアニメの一番組として違和感もなく観ていた

しかし、最終回だったかで、ムーミン谷が冬眠に入るので、スナフキンが旅に出るというエピソードがあり(※うろ覚え)、その時初めて違和感を覚えた。

「ムーミンって冬眠するんだ?」というのと、「ミーとそのお姉さんも冬眠するのか?人間じゃないのか?」という疑問だったが、その当時はインターネットがあるわけもなく、疑問は疑問のまま終わりを告げた。

その後、何年か前にもムーミンブーム(?)があり、その時は少々ムーミンの事を調べてみた。

スナフキン

ムーミンは妖精だと言われるが、実は妖精ではなさそうな事。まぁ最初はカバだと思っていたので驚きもしないが。

しかし、驚いたのはスナフキンである。

私はスナフキンは人間だと思っていた。ミイと顔が似ているのは気にはなっていたが、ミイが属するミムラ一族は冬眠するぐらいなので、異生物でなんだろうなぐらいの認識でいたのに、スナフキンまで人間ではなかったとは

手が4本指(親指とほか3本)で、尻尾まで生えている挿絵が存在するらしい。

指4本でギターを奏でていたのはアニメーターの手抜き作画ではなく、設定だったのだと知った。

まぁそんな人間ではなかったスナフキンなのだが、私は昔からスナフキンが好きだった。
あの落ち着いた感じ、自由奔放な生き方、達観したものの見方、すべてが格好良かった。

だが、冷静に考えてみると、あんな放浪生活は私にはできない。

人間じゃないしね(*^▽^*)

スポンサードリンク
moomin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です