R2-D2を自在にコントロール「DROID INVENTOR KIT」に感動

IMG_6916
スポンサードリンク

R2-D2を自分で組み立てて自在に動かす!?

私は「スターウォーズ:エピソード4」をはじめて観た時からずっと心の中で考えていました。

そんな私の夢を実現できるキットが発売されました。

無料アプリで自在にコントロール「DROID INVENTOR KIT」

半透明ボディから透けて見えるモジュール。

とてもシンプルな作りですが、スマホアプリを使って様々なアクションができるというから堪らない。

これは手に入れるしかないでしょう。(-_-;)

予想以上の大きさ「DROID INVENTOR KIT」

イメージより大きな箱が届きました。

IMG_6872

中身を確認します。

まず蓋を開けると約半分がR2-D2のボディだとわかります。

IMG_6873

R2-D2のボディの形をした緩衝材を取り除くと、クリアパーツのR2-D2が出現します。

IMG_6877

ボディ色は「青」と「赤」から選択可

ボディに貼るデカールは「青」と「赤」の2種類入っています。

IMG_6874

ボディの白い部分は共用で1枚です。

このままでもいいですが、本音を言えば半透明のボディに塗装したいです。

IMG_6875

モジュール部分:シンプルイズベスト

R2-D2の心臓部であるモジュール群が格納されているボックスを確認します。

たったこれだけ?

モジュールと思われるパーツは6個程度しかありません。

IMG_6876

一抹の不安がよぎります。

これだけのパーツでどんな動きができるんでしょう。

ボディ部分:R2-D2に間違いない。

モジュール部品のボックスと取り外すと、下から脚部が出てきます。

まさにR2-D2ですね

IMG_6878

ボディはすべてクリアパーツ、3脚姿勢で固定です。

IMG_6879

Sphero R2-D2とのサイズ比較、あまり意味ありませんけどね(^_^;)

取説なし?あるのは簡単な説明のみ

驚いたことにどんなに探しても取扱説明書が入っていません

あるのはフタの裏に書かれた簡易説明のみ

IMG_6881

「不親切すぎる!」わけではなく、どうやら設計図はすべてスマホアプリにあるようです。

早速無料アプリをダウンロード

スマホストアを開いて「droid inventor」と検索します。

IMG_6885

「littlebits star wars:droid inventor」選択します。

IMG_6887

R2-D2のアイコンが特徴的ですね。

アプリ起動!R2-D2が動き出す!

スポンサードリンク
IMG_6916

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です