エピソード7の名シーンを1/144で再現する(1)

因縁の対決

スターウォーズ/フォースの覚醒も公開して一カ月半になりました。

ということでエピソード7の中で好きなワンシーンを1/144で作ってみようと思います。

今回は以前購入したフィギュアを使ってフィンとストームトルーパーの対決シーンを再現しますよ。

なぜこのシーンを選んだかというと、エピソード7公開前に出版された小説に、本編ではまったく触れられてないフィンにまつわるストーリーが語られており、その因縁の対決だということが分かったからです。

スポンサーリンク

実際はその小説(Before The Awakening)は読んでませんが、あらすじを読んでゾクゾクしちゃっいました。

こういう設定があってのエピソード7があると知ることでその奥深さを感じますね。

MEET FN-2199, A.K.A. TR-8R: THE STORMTROOPER BEHIND THE MEME

クローム翻訳使っても読んでも意味わかりません(T□T)

TR-8Rって誰だよ?

なので、小説の内容を知りたい方は↑を見てもらうといいですねヽ(;´Д`)ノ

さて、製作に入ります。

今回はフィンとストームトルーパーを作る必要があるので、基礎となるフィギュアを選びます。

まずはストームトルーパーから。

ストームトルーパーの基礎

パッケージに「MOBILE STAFF」とあるように、ガンダムなどに使う用のパイロットフィギュアです。

今回作りたいポーズはこれです。

TR-8R

というか、二人が戦ってるシーンなのでこちらですね。

因縁の対決

一番適したポーズを探します。

発見!

見つけた!実際は誘導棒なんでしょうが、これを武器に仕立てることにします。

バトン

設定資料をみると、この武器「Z6 RIOT CONTROL BATON」というんですね。これからはバトンと呼びましょう。

次にフィンとなる基礎フィギュアを探します。使うのはコレ

人たち

完全なる一般人たちですが、フィンになれる人はいるでしょうか。

老若男女

おおよそアクションという言葉からはかけ離れたポーズの人たちばかりですね。

その中で、見つけたのがコレ!

杖ついたおじさん

「杖ついたおじさん」

なんでこれにしたかって?当然、棒的な何かを握ってるからです。

さて、制作を開始します!

ここで本当は制作過程を載せたかったんですが、集中して作ってたので写真撮り忘れましたヽ(;´Д`)ノ

とりあえず、基礎の形ができました。

これ!

んーちっちゃい、ガチャポンのストームトルーパーと比べてみましょう。

サイズ比較

では次に、バンダ1/144ミレニアム・ファルコンに同梱されていたハンソロと仲間たちと比べてみます。

サイズ比較

ほら、悪くないサイズですね。

とはいえトルーパーの加工が雑すぎますね。台座には固定してないので取り外し可能なのでもう少しディテールアップをすることにしましょう。

とはいえ、まず第一段階は完了です。

戦う二人

先は長そうだヽ(;´Д`)ノ

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*