ポケモンGO

ポケモンGO:ポケストップでより多くアイテムを貰う方法

108煩悩

ポケモンGO、アップデートしました?

ポケモンを連れて歩けるようになりましたね。

一緒に1キロ歩くとアメがひとつもらえる。

いままでレアポケモンはアメが無くて「強化」できなかったのでこれは嬉しいアップデートですな。

さて、そんな「ポケモンGO」ですが、現在捕まえたポケモン数が「108」

煩悩の数というのも憎いが、最近全然新しいポケモンに出会わない。

続きを読む

ブログ更新、2年目の新ルールを決めたよ。

刺身とか

ブログを毎日更新すると決めてちょうど一昨日で1年でした。

で、その翌日(昨日)記事更新しませんでした。

なんと更新を継続する事無く、1周年を迎えた次の日に毎日更新をストップしました。

これには深い理由があります。

かなり私的な事なのでここで語るのも恥ずかしいですが・・・

しかし、今後のブログ更新にもかかわる事なので公開することにします。

続きを読む

ポケモンGO:ジム問題、ポケモンが置けない理由判明+解決方法

ポケモン設置アイコン出現

同じチームカラーのジムなのにポケモンを置けるジム置けないジムがある問題が解決した。

答えはとっても単純で以下の2つ条件。

  • ジムのチームレベル
  • 設置されてるポケモン数

ジムにはレベルがあり、そのレベルが大きければ設置できるポケモンの数は多くなる。

同じチームカラーなのに置けない場合は「そのジムの定員数を満たしている」という事だ。

問題はそのジムに自分のポケモンを置きたい場合どうしたらいいかという事。その方法が以下

続きを読む

ポケモンGO:車を運転しながらプレイしてる動きあるある

コラッタ

しかし家の周りにこれだけネズミ(コラッタ)が居るのはARといえど気持ちのいいものではない。

散歩中ブブッとバイブの知らせで画面を見ると大体ポッポコラッタビードルコンパンのどれか。

次に多いのがスリープとイーブイ。

その上、最近何回もモンスターボールから逃げ出した上逃げるモンスターが増えた!まじストレスだし!

続きを読む

ポケモンGO:地方都市こそ「ジム」が大切な理由

ポケモン設置

地域格差がひどすぎると話題の「ポケモンGO

わたしの住む地方都市も一部地域を除いてほとんど「ポケストップ」と「ジム」がありません。

当然、いつも「モンスターボール」などのアイテムは枯渇しています。

その上アイテムを持てる数には上限があるのでポケストップが沢山ある地域に行ってアイテムを取り溜めするにも限界があります。

そんな時に役にたつのが「ジム」です。

続きを読む

ポケモンGO:iPhoneでイメージ通りモンスターボールを投げる方法

モンスターボールを選択

ポケモンを捕まえようとモンスターボールを投げた時イメージした方向と違う場所にボールが飛ぶことがあります。

真っすぐ投げたつもりなのにカーブがかかる事ありますよね。

わたしの住んでいる地域はポケストップが少ないため、このミスは致命的です。

今回はiPhoneの機能を使って「モンスターボールを真っすぐ投げる設定」を行います。

続きを読む

ポケモンGOで被災県観光振興、妙案ではあるが・・・

ポケモンGOで被災地復興

ポケモンGOが被災地への観光誘致を始めるらしい。

確かに被災地は被災後も風評被害などがあり他県からの来訪者が激減してしまうため、その後の復興にも影響がでるのは事実、特に観光地などは最悪の状況だろう。

旅行者からすれば「あえて危険(だった)ところに行く必要はない」という心理が働くのも当然。

特に今回の岩手県・宮城県・福島県・熊本県の被災4県(嫌な表現だなコレ)は原発事故余震が続くなどの継続的な不安があるという事でかなり深刻だと思う。

続きを読む

ヒルクライムの聖地、乗鞍にレアポケモンは居たか?

畳平到着

ヒルクライムの聖地と呼ばれる乗鞍岳。

アスファルトの道路で行ける頂上は「畳平(たたみだいら)」という場所です。

その乗鞍の頂上に行く方法は2パターンあります。

岐阜県側から登る「乗鞍スカイライン」

長野県側から登る「乗鞍エコーライン」

本日は長野県松本市から登る「乗鞍エコーライン」でヒルクライムしてきました。

今回はヒルクライム以外にもう一つ目的があります。

続きを読む

ポケモンGOにも使える?自転車用スマホホルダー

image

歩きスマホ(ながらスマホ)はやってはダメです。

それ以上に自転車乗りながらのスマホなんてもってのほかです。

しかし片手にスマホを持ってポケモンGOしながら自転車乗っている人の姿を結構目撃します。

何が危ないかって、スマホを持っている手はブレーキを握ってないってことです。

これは危険です。自転車乗るなら両手はブレーキを握るのが最低限のルールです。

と、いう事で今回オススメするのは「MOREZONE 自転車スマホホルダー フロントバッグ」

続きを読む