ポケモンGO:ジム問題、ポケモンが置けない理由判明+解決方法

ポケモン設置アイコン出現

同じチームカラーのジムなのにポケモンを置けるジム置けないジムがある問題が解決した。

答えはとっても単純で以下の2つ条件。

  • ジムのチームレベル
  • 設置されてるポケモン数

ジムにはレベルがあり、そのレベルが大きければ設置できるポケモンの数は多くなる。

同じチームカラーなのに置けない場合は「そのジムの定員数を満たしている」という事だ。

問題はそのジムに自分のポケモンを置きたい場合どうしたらいいかという事。その方法が以下

続きを読む

『ハン・ソロ』スピンオフ、ミレニアム・ファルコンの活躍に期待

「ハン・ソロ」スピンオフ

巷ではスターウォーズスピンオフの「ローグワン」が盛り上がってます。

ダース・ベイダーも出るし期待せずにはいられない。

しかし、ミレニアム・ファルコンを愛してやまない私としては、スピンオフ第2弾の方が気になってしょうがない。

スターウォーズスピンオフ第2弾はハン・ソロの若かりし頃のストーリー

クランクインは2017年1月、公開は2018年5月予定だそう。

続きを読む

ポケモンGO:車を運転しながらプレイしてる動きあるある

コラッタ

しかし家の周りにこれだけネズミ(コラッタ)が居るのはARといえど気持ちのいいものではない。

散歩中ブブッとバイブの知らせで画面を見ると大体ポッポコラッタビードルコンパンのどれか。

次に多いのがスリープとイーブイ。

その上、最近何回もモンスターボールから逃げ出した上逃げるモンスターが増えた!まじストレスだし!

続きを読む

ポケモンGO:地方都市こそ「ジム」が大切な理由

ポケモン設置

地域格差がひどすぎると話題の「ポケモンGO

わたしの住む地方都市も一部地域を除いてほとんど「ポケストップ」と「ジム」がありません。

当然、いつも「モンスターボール」などのアイテムは枯渇しています。

その上アイテムを持てる数には上限があるのでポケストップが沢山ある地域に行ってアイテムを取り溜めするにも限界があります。

そんな時に役にたつのが「ジム」です。

続きを読む

ポケモンGO:iPhoneでイメージ通りモンスターボールを投げる方法

モンスターボールを選択

ポケモンを捕まえようとモンスターボールを投げた時イメージした方向と違う場所にボールが飛ぶことがあります。

真っすぐ投げたつもりなのにカーブがかかる事ありますよね。

わたしの住んでいる地域はポケストップが少ないため、このミスは致命的です。

今回はiPhoneの機能を使って「モンスターボールを真っすぐ投げる設定」を行います。

続きを読む

SMAP解散、覆水は盆に返らなかった。

SMAP解散

またもやSMAP解散報道だ。

最初の解散報道から半年

前回は解散報道を撤回する「グループ継続報告+騒動の謝罪」をメンバー自身に行わせることで終息を図ったが、結局ジャニーズの思惑通りにはならなかったということだろう。

以前からあったであろうグループ内での対立関係は解消されるどころか増幅され半年の時間差で決壊したということだ。

続きを読む

無神論者なのに先祖は大切にする理由

ご先祖様参り

お盆ですね。

わたしは無神論者ですが、ご先祖様は大切に思っています。

理由は「自分が存在する源(みなもと)だから」。

わたしは両親がいなければこの世に存在していないし、親もわたしの祖父母が居なければこの世にいないわけです。

顔も知らない代々のご先祖様というわけにもいきませんが、お墓参りに行った際は感謝とともに現在の状況を報告するようにしています。

続きを読む

ブログ開始からもうすぐ1年、サイト見直しを開始

1st-Anniversary

この「中年からの夢実現サイト」の初ブログを書いたのは去年の7月30日です。

気が付いたら1周年を迎えていました。

と言ってもサイトを立ち上げてからしばらくはボチボチ更新でほとんど書いていません。

したがって、本当の1周年は「毎日ブログ更新」を始めた8月27日と考えています。

あと15日ほどで1年間毎日更新を続けたことになります。

続きを読む

ポケモンGOで被災県観光振興、妙案ではあるが・・・

ポケモンGOで被災地復興

ポケモンGOが被災地への観光誘致を始めるらしい。

確かに被災地は被災後も風評被害などがあり他県からの来訪者が激減してしまうため、その後の復興にも影響がでるのは事実、特に観光地などは最悪の状況だろう。

旅行者からすれば「あえて危険(だった)ところに行く必要はない」という心理が働くのも当然。

特に今回の岩手県・宮城県・福島県・熊本県の被災4県(嫌な表現だなコレ)は原発事故余震が続くなどの継続的な不安があるという事でかなり深刻だと思う。

続きを読む