個人的映画論評

あなたは大丈夫?覚せい剤より怖い○○中毒

中毒中毒

少し前の話になるけどかなり怖い映画を観ました。

どうしても観たくて東京まで行きましたヽ(;´Д`)ノ。上映している劇場が少なくて・・・

しかしこの映画、殺人鬼もゾンビも出てきません。テレビから長髪の女性もでてきません。

でも怖い。かなり怖い。

今まで観た映画の中で一番怖いといっても過言ではない。その映画のタイトルは

続きを読む

未来世紀ブラジル

未来世紀ブラジル

わたしは映画鑑賞を趣味としています。

ジャンルを問わず影響を受けた映画も数多くありますが、「未来世紀ブラジル」もその一つ。

この映画、とてもクセがあってすべての人が受け入れられるストーリーではないが、その映像は素晴らしく是非一度は観て欲しいと思う。

初めてこの映画を観たとき、わたしは色々な葛藤にぶち当たっていて世の中の不条理に関してフラストレーションがたまっていて、主人公の恵まれた環境にあったのにどんどん追い詰められていく様子と自分の状態がリンクして心臓を鷲掴みにされました。

続きを読む

怒れる中年、ジョン・ウィック ネタバレあり

ジョン・ウィック

わたし的に「スピード」と「マトリックス」以外、作品に恵まれていないと感じるキアヌ・リーブス。

そのキアヌの最新作で前評判も上々、本当は劇場に観に行きたかったけどタイミングが合わず、今回レンタルDVDでの鑑賞とあいなりました。

その映画とは「ジョン・ウィック」

すでに続編も決定しているみたいだし、元殺し屋が復讐のために殺し稼業に戻るという内容で、トレーラー映像を見た限りアクションもかっこよく、かなり期待できる。

続きを読む

予告だけで泣ける映画【5選】

ベイマックス

映画が好きです。邦画、洋画関係なく「好きな映画」が良い映画と思ってます。

しかし数ある映画の中から気に入った映画を選択するのは大変ですよね。

そこで、その映画を観るか観ないかを決める指針とするのが「予告編」です。ハリウッドでは予告編用の予算を組み、本編と同じかそれ以上に重要視しているといいます。

観たことありませんか?予告編で観たはずのシーンが本編にはなかったこと。まさにそれは予告の為に撮られたシーンだったりするのです。

続きを読む

オデッセイを観て得たもの

The Martian

オデッセイ(原題:The Martian)を観た。

ネタバレしないようにCM程度でいえば、「火星に一人取り残された主人公が、絶望的な環境の中で諦めず科学を武器に生き残る努力をする」話だ。

監督は私の大好きなリドリー・スコット、それだけで期待値はMAXである。

内容は想像しただけで恐ろしい状況だ。

続きを読む

感涙、スターウォーズ(ネタバレなし)

限定パンフレット

本日、スターウォーズ フォースの覚醒 観てきたBENです。

本編観ながら5回ほど涙が出ました。

意識せずに涙がでるなんて47年生きてきた中で記憶にありません。

それほどにエピソード7は素晴らしい。

JJエイブラムス監督すごい。てか神かもしれない。

ネタバレにはならない程度に、我が愛しのミレニアム・ファルコンも活躍しますよ。

続きを読む

ジェシカ・アルバ主演のINTO the BLUEレビュー

Jessica Alba

ジェシカ・アルバがかわいいのだ。

敬虔なカトリック教徒らしいが、アメリカでは「最もセクシーな女性」の上位に位置し、セッ クスシンボルとして扱われているらしい。

もう10年も前の映画になるが、彼女の魅力を存分に楽しめる映画が「INTO THE BLUE」だ。

常夏の国、カリブ海を舞台にした物語で、ジェシカは劇中、見事なプロポーションを惜しげも無く出している。しかし、プロポーションもさることながら、あのピュアな表情が素晴らしい。

続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズという物語

スターシップ・トゥルーパーズ

スターシップトゥルーパーズとの出会いは、ロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士」という小説だった。
小学生の頃、文庫本の表紙に描かれたパワードスーツのかっこよさに惹かれ手に取った。

この物語は、異星人ヒューマノイド(痩せっぽち)と異星人アレクニド(クモ状生物)と地球人との宇宙戦争を描いている。

その中で、地球軍は強化装甲服(パワード・アーマー・スーツ)を着込み闘うのだ。そんなパワードスーツの活躍をワクワクしながら読んだのを覚えている。

その後、中学生になり手に入れたのがホビージャパンから発売されていたウォーゲーム(※)「宇宙の戦士」

パッケージに描かれたパワード・アーマーはショボいが、ゲーム内容は小説の世界観そのままで、ある時は地球軍として、ある時は異星人として楽しんだ。

※ウォーゲーム:今では「シミュレーションゲーム(戦略ゲーム)」と呼ばれるようになった奥が深いゲーム。

宇宙の戦士シミュレーション・ゲーム

続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA

オデット・アナブル

StarWars エピソード7が公開されるが、その監督がJJエイブラムスとのことで、私が好きな映画の一つ、

クローバーフィールド/HAKAISHA 

を久しぶりに観た。

クローバーフィールド

映画は、国防総省の記録映像が再生される形で進む。

そのビデオは主人公のロブのもので、過去のプライベート映像に上書きする形で、日本に栄転が決まったロブのお祝いのパーティーが撮影されていく。

突然爆音が鳴り響き、状況を確認するためにビルの屋上に向かった主人公たちは、ニューヨークが破壊されていくのを目の当たりにする。

この映画の素晴らしい所はその特撮で、実写とCGが見事に融合していて違和感がなく、映画に引きこまれる。

天から降ってくる「自由の女神像」の頭部のシーンは圧巻である。

続きを読む