個人的映画論評

【バットマンvsスーパマン】力の差がありすぎて笑える

バットマンvsスーパーマン

劇場公開の時から気にはなっていたけど観に行けなかった映画。

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」をレンタルで観た。

感想は「いや、力の差ありすぎるのに対等に戦うとか無理だろ?」かな。

だってバットマンって人間だよ?色々スーツ着てるけどさぁ中身はただの人間

それに比べスーパーマンってサイヤ人並みのパワーを持ってる。

vsとか言ってるけど、それって「ミスターサタンvs孫悟空」とおなじレベル。

まじで素手でビル倒壊させる宇宙人と生身の人間が戦うなんてありえないでしょ(^_^;)

続きを読む

名言:テンション上げたいなら水道ひねろ!

インスタント沼

期待半分で観た映画が「かくれた名作」だった時の喜びは最高である。

例えて言えばカレーライスのルーの中に予想外にでかい肉が入っていた時に似ている。

今回発見した映画は「名作」というより「迷作」といった方が良いかもしれない。

その名は・・・・

「インスタント沼」

全編通して不条理感満載なのだが何も考えずに観るにはちょうど良い作品。

続きを読む

宮沢りえ主演「紙の月」今さらながらのレビュー

紙の月

まったくもって今更なのだが宮沢りえ主演の映画「紙の月」を観た。

公開時から気になっていたのだが観るタイミングがなかった。

しかし観て良かった、予想以上に面白かった。

「銀行員が客のお金を横領する」というざっくりとした前情報だけだったのも良かったのだろう。

「紙の月」は小説が原作だったと思うが映画というのは先入観なしで観るのが一番だ。

続きを読む

10クローバーフィールド・レーンは密室サイコホラーか

10-cloverfield-lane

「10 クローバーフィールド・レーン」を観た。

製作はJ.J.エイブラムス。言わずと知れた「スターウォーズ フォースの覚醒」の監督。

自由の女神の首が飛んでくるという衝撃映像で度肝を抜かれた「クローバーフィールド/HAKAISHA」と同じタイトルを持つこの映画、期待しないほうがおかしい。

「10 クローバーフィールド・レーン」の登場人物は3人。物語の大半は地下に作られた核シェルター内ですすむ

映画の予告で敵(地球外生命体?)がいるのはネタバレしているが、その前情報が無ければ物語前半は「密室サイコホラー」と言える怖さがある。

続きを読む

ズートピアは夢をあきらめた中年が観るべき映画

ズートピア

ズートピアを観た。

さすがディズニー映画だと思う。

物語はかわいい動物たちが暮らす大都会「ズートピア」で繰り広げられる3Dアニメーション映画。

「肉食動物」と「草食動物」が共存し、表向きは平等に見えるが実は不平等な世界のお話し。

夢を信じる新米うさぎ警官ジュディと夢を捨てたキツネの詐欺師ニックがひょんな事からある事件を追う事になり、その過程でズートピアの闇が見えてくるというもの。

わたしはこの映画を大人こそが観るべき風刺映画と感じてしまった(^_^;)。

続きを読む

心に沁みる、「ハナレグミー深呼吸」

ハナレグミ-深呼吸

音楽CDを買うなんて何年ぶりだろう。

それもシングル、前買ったのが何だったかさえ覚えてないぐらい。

でも今回、どうしても我慢できず買ってしまいました。

「ハナレグミ-深呼吸(初回盤)」

この歌、映画「海よりもまだ深く」の主題歌なのです。

続きを読む

CHAPPiE(チャッピー)君が来るのを待ってたよ。

CHAPPiE(チャッピー)

確認したら2015年10月26日でした。

何の日かって?それはね、わたしがamazonでCHAPPiE(チャッピー)のフィギュアを注文した日ヽ(;´Д`)ノ。

それから7カ月、何度か発売延期のメールが来て発売されるのかすら不安な感じになってました。

なので昨日Amazonから発送メールが来たときは2度見するほど嬉しかったですよ。

続きを読む

日本のゾンビホラー代表、アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

映画は月曜日に「TOHOシネマズ」で観るようにしてます。

理由は携帯がauだと「auマンデー」というサービスで月曜日に1,100円で映画が観れるからです。

auスマートパスなどのサービスに登録している必要がありますが、通常1,800円のところが700円も安く観れるわけです。

映画好きには素晴らしいサービスですね。

続きを読む

シビル・ウォーに備えてアントマンを観る

ant-man

今日、急きょ観そびれていた「アントマン」をレンタルしてきて観ました。

理由は「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの最新作「アベンジャーズ シビル・ウォー」を観に行くからです。

アントマンのストーリーは想像してたより面白く楽しめました。

さすがマーベルシリーズはずれませんね(^▽^)/

しかし、そのマーベルシリーズの中で何となく観る気がしないシリーズがあります。

それは・・・

続きを読む

レヴェナントは寒い、痛い、怖い+悲しい映画

レヴェナント

「レヴェナント 蘇えりし者」観てきました。

レオナルド・ディカプリオが初オスカーを獲った映画ということで注目されてます。

でも私の場合、中年ハンターとして今年デビューするということで絶対に観たかったのです。

エンドロールが終わり劇場内が明るくなってもしばらく放心状態でした。

なんていうか、すごくリアルです。生々しくて圧倒的な臨場感にやられました。ヽ(;´Д`)ノ

特に息子がいる人、観た方がいい。ほんとなんか心に響く。

続きを読む