ファスナーが青サビで開かない時の対処法

裏側

わたしは趣味でロードバイクに乗ってます。

何着かロードバイク専用のウェアを持っています。

寒い時期は乗る間隔が開くのでお気に入りのウェアを着てしまいます。

しかし、これから夏に向け、ウェアもローテーションで着たいと思います。

そこであまり着ていないウェアの状態確認をしようとタンスから出しました。

スポンサーリンク

しっかり洗ってからファスナーも閉めてしまってあるので綺麗です。

「どれどれ一度袖を通してみるかな」とファスナーを開けようとしましたがファスナーが動きません。

接着剤で固めたかと思うぐらいにビクともしません。

「なんで?」と思いファスナーを見てみてビックリ

青サビファスナー

ファスナーが青緑に染まっています。

サビついて動かないようです。

裏側

裏側もがっつり変色してます。サビで固まってしまっているようですね。

驚くほど固いです。試しにペンチで動かそうとしましたがまったく動きません。

あまり無理な事をすると布の方に影響が出そうです。

そこで秘密兵器、シリコンスプレーの出番です。

シリコンスプレー

このシリコンスプレー、ルービックキューブの滑りをよくするために購入したんですが様々なものを潤滑してくれる優れものです。

ファスナーの頭部分の隙間にストローを差し込みスプレーします。

これですぐ開くかと思いましたが・・・

全然動きません(T□T)

困りました。

困ったので一度お湯につけてみることにしました。

お湯につける

熱湯に浸すこと10分。

火傷しないように水で薄めてファスナーを動かします。

グイグイ

グイグイ

まったく動かんし!(T□T)

困ったなぁ・・・

水分をしっかりふき取ってから再度シリコンスプレーをたっぷり含ませます。

隙間から見てみる

ググッとファスナーのつなぎ目を開いてシリコンスプレーします。

しかしまったく動く気配すらありません。

お手上げです。

諦めて放置することにします。

・・・・

・・・・

それから5時間後。

何となくチャックを開いてみたら

開いた

簡単に開いた!

ファスナーの頭の内側をみると錆が見えます。

錆が目地に

ファスナー側を見てみると目地にがっつり錆が入り込んでます。

この錆が接着剤のようになっていたようです。

結論として、

  1. お湯に漬込んで錆を浮かす?
  2. シリコンスプレーをたっぷりかける
  3. 数時間放置する(ここが大事)

この手順で青サビファスナーが開くようになりました

仕上げとしてカッターで青サビをこそげ落としてシリコンスプレーをしました。

これでしばらくは大丈夫そうです。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*