サボテンを食べる我が家の愛犬

マロンとショコラ

私はミニチュアダックスを2匹飼っている。

ブラックタンのマロンはオスで今年10歳、クリームのショコラは今メスで年9歳だ。

実際は、マロンは去勢してるのでオカマになるのかな?

そんなマロンは食い意地も張っていて、小さい頃から食べ物に関しての事件を数多く起こしているのだが、昨日、また新たな事件を起こしたのである。

スポンサーリンク

私は仕事場のデスクにサボテンを置いていたのだが、最近元気がなく、ふにゃチンのようにだらりとしてしまったので、家に持って帰る事にしたのだ。

若かりし頃のサボテン

↑の写真は約1年半前、買ったばかりの頃のものだ。昨日、家に持って帰った時は、この倍の長さに成長していた。推測するに、縦に伸びてしまい、自立できなくなってしまったと思われるので、鉢を大きくするつもりだった。

家に持ち帰ったサボテンは、日光を当てる事も考え、縁側の窓際に観葉植物(金のなる木)と一緒に置いた。

その場所は、犬のベッドの横だったが、観葉植物にはなんの興味も示さないので、トゲのあるサボテンなら特に問題ないだろうと思ったわけだ。

で、昨日、家に帰ってカーテンを閉めようとした時、異変を感じた。

サボテンが無い?

そこにあるはずのサボテンが無いのだ。

鉢はそのままあるので、倒れたわけでもなさそうだ、と、意味がわからず周りを見渡すと、視界にマロンが入った。

マロンは私と目が合うと、すごすごと奥に引っ込んでしまった。

「お前か!マロン!」

と、マロンが去って行った方に行くと、尻尾を腹の下に巻き込みながらデスクの下に回り込む所だった。

「食べたのか?トゲは?完食したのか?」と、わけがわからず、もう一度サボテンの置いてあった所に戻り、カーテンなどをはぐってみたら、そこに何かを吐いた塊らしきものを見つけた。

ティシュでその塊を掴むとチクチクする。

サボテンだ・・・てか、多少消化されてるし、大丈夫なのか?

と思いながら塊になったサボテンを捨て、1日マロンの様子を見る事にした。

とりあえず、今の所いつもと同じ感じだ。食べる時、痛くなかったのかな?

まぁ、コンセント食べたぐらいだから、サボテンのトゲぐらい大丈夫なのかな(^_^;)

そんなマロンは10年たった今でも私が家に帰るとトイレシートの上で寝転がり、腹をみせて私を鳴いて呼ぶので、シートに行って頭を(実施は仰向けになっているので鼻先を)をなでると、ウレションする。

人間の年齢に換算すると50歳過ぎたおっさんがである。

でも、そこがカワイイ

犬は癒しの存在というが、確かにそうだなぁと感じる。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*