ジェシカ・アルバ主演のINTO the BLUEレビュー

Jessica Alba

ジェシカ・アルバがかわいいのだ。

敬虔なカトリック教徒らしいが、アメリカでは「最もセクシーな女性」の上位に位置し、セッ クスシンボルとして扱われているらしい。

もう10年も前の映画になるが、彼女の魅力を存分に楽しめる映画が「INTO THE BLUE」だ。

常夏の国、カリブ海を舞台にした物語で、ジェシカは劇中、見事なプロポーションを惜しげも無く出している。しかし、プロポーションもさることながら、あのピュアな表情が素晴らしい。

スポンサーリンク

彼女の役どころは、真面目で質素な暮らしでも文句を言わず、貧乏な主人公ジャレッドと一緒なら幸せという一途な恋人だ。

intotheblue

常夏の国で、あんな彼女と一緒なら、幸せだろうなぁと思う。

まぁ、後半、なかなかスプラッターな行動をするのを見ると、怒らせたらヤバそうだけど(^_^;)

でも綺麗な海を自由に泳ぎまわるシーンは大きな画面で見ると、ホント羨ましくなる。

そんな彼女も、すでに2児の母になってしまったが、シン・シティ 復讐の女神でもその見事な肢体を披露している。

て、見た目の事ばかりで、映画の事にはあまり触れてないな(^_^;)。

スポンサーリンク

結論から言うと、笑顔が素敵な女性が好きと言う事ですな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*