ポケットに忍ばせる、宇宙一最速のオンボロ船

ミレニアム・ファルコン懐中時計

好きだからと言って何でもありと言うわけではない。

私はミレニアム・ファルコン好きである。なので可能な限りファルコン関係のものを集めているが、なんでもいいというわけではなく、自分なりのルールがある。

マニアの定義はよくわからないが、もし、好きなものを何でもかんでも集めるのがコレクターでありマニアというならば、私は該当しないだろう。

私の集める基準は次の機会にするとして、今回紹介するのはミレニアム・ファルコンの懐中時計である。

スポンサーリンク

文字盤

ずっしりと重みがあり、本体下部が時計の文字盤になっている

文字盤にはミレニアム・ファルコンの上部と正面からの図が印刷されている。時計針は少々見にくいが、この商品は時計という実用性を求めるものではないと断言する。

商品は以下のような缶ケースに入っている。

缶ケース

このままでも飾ることはできそうだ。

しかし、予定外の事があった。それは「厚み」である。思いのほか本体に厚みがあるのだ。

本体側面

ミレニアム・ファルコンの「丸くて薄い」というイメージからは少々外れている。この半分ぐらいの薄さだったらまったく文句なしだったが、惜しいところだ。

存在感ある懐中時計

しかし、手に取った感じは悪くない。値段相応というところか。

ロレックスやオメガなどの腕時計のように、自己顕示欲のためにつける時計と違い(偏見(^_^;))、通常はポケットに入れていて時間を見る時だけ取り出し、手の中にあるファルコンを見てほくそ笑む。

完璧な自己満足の世界!

ファルコン好きなら、持っていても損はしないだろう。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*