ミレニアム・ファルコン組み立て(5)キャラ塗装

全長1.2センチの奴ら

道具って大事。

ケチったらダメ、多少高くてもその見返りはちゃんとあるから。久々に思い知らされた(T□T)。

我が愛しのミレニアム・ファルコンも大筋の組み立てが終わり、これから細かい部分に入って行くのだが、少々食傷気味になってきたので、気分転換に「ソロと仲間達」の塗装をする事にした。

そう、あの全長1.2センチ程の奴らだ。

スポンサーリンク

ハンソロ、チューバッカ

さて、このような小さいものを塗る時は、道具がとても大事だ。

特に面相筆。これをケチってはいけない!

ケチると今回の私のようになるから(T□T)

キャラ色塗り クリックで拡大画像

塗装後の写真になってしまったが、塗装前にランナーの不必要な部分をカットしておくと塗りやすい。

 

今回の道具

モデル制作に必要な道具

まずは必須道具!ヘッドルーペ!これなしでは何もできましぇん。

カラー各種

カラー各種、あとスミ入れ用ペンは大変重宝する。逆にこちらのラインナップを充実して欲しい。

塗装用筆

次に筆!あろうことか、新しく買うのを忘れてた。いったいいつ買ったものかわからないが、3本セットという安もの筆

道具はホント大事

↑は今回塗装に使った筆、面相筆と先の細い筆なのだが、細くないし、右の面相筆の先を見てもらうと2本ほど出てるのがおわかりだろうか。

安ものはダメ

塗るキャラと比較した所。この細かいのを塗るのに、この筆先はアウト、今回も写真撮りながら塗る事は出来なかったので、塗った後の写真しかないのだが、筆先が↑のように分かれていると塗料もうまくつかず、難儀する。

もう一度言う、道具は大事!

安い筆は一度塗料につけるともうダメ、高い筆を使っ事がないのであれだが、やっぱりしっかりしてるだろう。

1118-06 クリックすると拡大画像

満足度は低いが、一応塗装完了。

1118-07 クリックすると拡大画像

なんか、色もあるもの使ったので微妙に違う(^_^;)

参考例

まぁでも、ちっちゃいキャラだし、遠目に見る分にはいいだろう(^_^;)

もう一度言う、道具は大事(T□T)、写真だと拡大できるので粗が目立つが、肉眼だとそこそこな感じに見えるから助かる。

 

次はコクピット

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)

関連記事:

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*