中年でもパダワンになれるか?

The FORCE Trainer

本日の「幸福度向上のための行動」は「初めてYoutubeに動画をUPする」です。

先延ばしにしていた事を実行するのって楽しい(*^▽^*)

さて、STAR WARS battlefrontをプレイしてみて、昔、「フォースを操るジェダイになりたい」と本気で思った事がある人はたくさんいるはずだ。

そんな中、何年前に発売されたかすら忘れてしまったのだが、自分のフォース力を知ることができる玩具があったのを覚えているだろうか?

その名も「The FORCE Trainer」だ。

スポンサーリンク

The FORCE Trainer

久々物置の奥から出したが、まだ動くだろうか・・・

内容物

内容物は「ヘッドギア」「トレーナー本体」「球」の3つ

ヘッドギア

ヘッドギア、これを頭に装着し、脳波を送ることで球を浮かすのだ!もう昔の事でどう装着するのかすら忘れてしまっていた。

装着方法

パッケージを見て思い出した。そうそう、こんな感じ、コメカミと耳の裏の部分に電極部?が接するように装着する。

取り説

さらっと取説を確認し、装着完了、さすがに47歳のおっさんのヘッドギア画像は公開できない(^_^;)

ボール

これが脳波を送って浮かす球、ルークがエピソード4で訓練していた球のデザインですな。

セッティング完了

本体に差し込んだ筒の中に球を入れセッティング完了。

STAR WARSのロゴの上にスイッチがある。

問題は使う電池の数、本体に単三6本、ヘッドギアに単4を3本、かなりの数だ。

その上、電池ボックスはねじ止めしてあるのでドライバーがないと開く事ができない。小さきパダワンが電池を誤飲しないための保護設計なのだろうが、めんどくさい。

手元にドライバーもないし、電池もそんな数用意してないので、今回はそのまましまうことにした。

箱に戻し、蓋をしようとした時、なんと箱の中からライトセーバーの音がするではないか!

何事かと箱を開けてみると、本体のスイッチをしまう時に押してしまったらしい。

数年間、電池入れっぱなしだったのね・・・

試しにヘッドギアのスイッチも入れてみると点灯した。こっちも電池入れたまま(^_^;)

よく液漏れもせずいたものだと感心するとともに、これは私のフォースを調べろというお告げなのかもしれないと感じた。

平和だな中年男よ・・・

さて、ここで写真だけでは伝わらないので、動画をUPする事にしたのだ。

ちゃんと取説を読み直してないのではたして使い方があってるかどうかは定かではないが、私の手の動きに合わせ球が動いているのがおわかりだろうか。

今から訓練すれば、ジェダイは無理としても、まだパダワンぐらいにはなれるかもしれない。

ちゃんと訓練して年末のパーティーグッズとして持ち込もう(^_^;)

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*