カウントダウンカレンダーの効果について

やる気スイッチカレンダー

「やる気スイッチカレンダー」を作成した。

形は単純で、A4用紙に4日分作る。

サイズは人それぞれ好みだけど、私の場合、大きすぎず小さすぎず、デスクにも置けて、持ち運びも可能なサイズと言う事でこの大きさにした。

単なるカレンダーではなく、やる気スイッチ(継続)カレンダーなので、カウントダウン方式のカレンダー。

区切りとして3ヵ月の継続を目標としたので、キリの良いところで100日カレンダーにする事にした。

スポンサーリンク

1枚4日分なので、100日分だと25枚、消費枚数的にも妥当と思う。

形としては、いつ始めるかはわからないので、未記入の日付と、真中にカウントダウンの日数、その下の表にToDoリスト風の「やる事」を数個記入できるようにした。

・チェックボックス欄
・やる事欄
・やった内容を簡潔に書く欄

やる気スイッチカレンダー

とりあえず上記内容を準備

試行錯誤しながら、よりよい形にしていくため、最初は12日分作ることにした。

本日を初日とする事にしたので、100の数字の書いてあるカレンダーに本日の日付を記入。単調なのも味気ないので、カウント日数は日によってフォントを変えてみたりしている。

手入力する日付は、とりあえず4日分のみ、理由としては、何らかの理由で毎日更新ができなかったとき、日付のリカバリができるようにすることで、完璧主義を理由に挫折することを防ぐのが目的

基本、自分の飽き性を理解したうえでの対策なのである。

さっそく、本日は週末なので、明日、明後日と継続するのが厳しい可能性がある。なんて事を考えてる時点で、ずれているような気がしないでもないが、やはりそれ、長年付き合ってる自分自身の性格を踏まえてのことなのだ。

まず、第一歩進むことはできそうだ。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中年からの夢実現サイトをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*